top of page

排出量を可視化

昨今、国際社会において温暖化対策がますます重要視される中、企業はCO2排出量の削減を進め、地球環境に貢献することが求められている。企業はスコープ1,2だけでなく、スコープ3の中で取り組み易いカテゴリーから積極的に脱炭素を拡大していく姿勢が欠かせない。

カーボンクレジットのご購入

bottom of page